スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キュウリじいさん

今回はTwitter経由で情報をいただいた
人間の食べ物をあげ続けた末路の話です。

20120724_01

読ませていただいて共感した部分を
あえて赤文字にさせていただきましたm(_ _;)m


キュウリじいさん


某月某日

奇っ怪な生物が診察台の上に乗っていた!
スタッフたちは皆、信じられないといった面持ちで硬直している。

「何だコレは!!」

応対していた主任獣医師の鷲山が
呆れ返ったような顔で振り向き合った。

「一応フェレットのようです・・・」

ガリガリに痩せ細り、骨格丸見えのそのフェレットは
まるでミイラか昆虫のナナフシのように見えた。
毛は殆ど抜け落ちて無毛である。

「糖尿病や腎不全、白血病、中毒などの検査はしたのかね?」

と鷲山に尋ねる私。
こんな時は私だって真面目なお医者に戻るのだ。

「異常ありません」
「ということは」
「はい、吸収不良症候群も無さそうですし
単純に極度の栄養失調になっているようです」

私は悪い空気を感じた。
私は獣医だが、普通の獣医ではない。
動物の医者だと思ってもらっては困る。

ケダモノの心を持った獣そのものの医者なのだ。
飼い主は何か困った理由を隠しているに違いなかった。

「どうして?」

コワくないように優しく飼い主に尋ねる私。
飼い主のお嬢さんは、何故フェレットがこうなってしまったのか知っている。

「実はフェレちゃんはおじいちゃんの大のお気に入りなんです」
「それで」

「おじいちゃんは、フェレちゃんにキュウリをあげるんです。キュウリばっかりなんです」
「フェレットは食肉目の動物で家畜化の歴史が3000年程度の動物だから
植物質の消化吸収と利用能力が劣っているんだよ」

「でも、おじいちゃんは自分の栽培するキュウリをフェレちゃんにあげるのが
唯一の楽しみなんです。
そのうちにフェレちゃんは、キュウリ以外の物を一切食べなくなってしまったんです。
もう1年もキュウリなんです」
「牛に生肉を1年食べさせるのと一緒だよ」

診察台の上のフェレちゃんがパタリと倒れた。
歯茎が真っ白だ、死ぬ寸前である。

「この子を入院させて下さい
おじいちゃんのキュウリからこの子を守って下さい」

飼い主の女の子は、そう言うと帰っていったが
入れ違いに問題のおじいちゃんがやって来てしまったのだった。
しかも新鮮なキュウリがたんまりとはいったビニール袋をぶら下げて。

「じいちゃん、ソレはこの子の食事には適さないからあげてはいけませんよ」と、私。
「何を言っとるか!フェレのために丹精込めて作ったキュウリだぞ!コレしか食わん!」

フェレをそうしたのはじいちゃんなんだよ
「キュウリを食わないとフェレは飢えてしまうんじゃっ!」

危険な状態だというのに、止めても無駄であった。
フェレは最後の力をふりしぼって、いつも通りキュウリをくわえたが
そのまま息をひきとったのだった。
どうして自分がこうなってしまったのか知ることもなく。

「野生動物と違って家畜はね、おじいちゃんの育てているキュウリと一緒なんだよ。
自分では何にも出来ない、だから育てる人が正しい知識を持っていないと枯れちゃうんだ

おじいちゃんは泣き出した。

「わしが悪かったよう、わしが殺しちゃったんだ
本にあったんだようキュウリがいいって」

「何の本読んだの?変な飼育本なんか信じちゃいけない。
生き物の飼育は細切れの知識を点で実行するのではなく、その世界を大きく面で見て
自分の頭で考えなければならない。

こんな立派なキュウリを育てる人が出来ないはずは無い、どうか元気を出して」

家族の話ではその日、じいさんは一晩中泣きあかし、自慢のキュウリ菜園を崩したという。
フェレの四十九日が過ぎた頃、じいさんがやって来た。

「センセ、今度はよう、インゲンとニンジンに挑戦してみようと思ってんだ」
と、歯茎を出して笑っている。
懐には雑種の子ウサギが鼻をヒクヒクさせていた。

くじけない心が大好きだ、命が好きな人が大好きだ、優しさを忘れない人間が大好きだ。
私はじいさんに『シンラ』をプレゼントした。


引用元:
新潮社の月刊誌『シンラ』連載中の「ペットドクター日記」(執筆・野村潤一郎)より。
(1998年8月号)



この話をお読みになり『極端なケースでしょ?』
思う方がいらっしゃるかもしれません。

20120724_02

ただ、フェレットは食に頑固な子が多く
キュウリじいさんに出てきたフェレちゃんのように

20120724_03

人間の食べ物ばかり欲しがるようになり
一番大切なフードを食べなくなってしまう

20120724_04

ある日突然、そうなる可能性は全く否定できないと
個人的にはそう思ってます。

20120724_05

1日でも一緒に長く居たい『大切な家族』だからこそ
うちの子たちに人間の食べ物の味を覚えさせたくない

20120724_06

予防できることは出来る限り、予防していきたい!
そう強く思ってしまうのは親の私のエゴでしょうか?

※今回情報を提供してくださったH.Yさん、本当にありがとうございます。
関連記事

テーマ : フェレット
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

No title

野村先生のフェレット関係の本は全部持っているので、この話は知ってました☆
確かにこれは極端な例ですが、アレルギーを起こすようなものは知ってなくちゃいけないし、動物は人間と違うということをわかったうえで勉強する努力が必要ですよね。

なんか…もう…かわいそう過ぎて胸が痛い。

我が家は、、絶対に絶対に人間の食べ物はあげません。←当たり前の事!
欲しがらないように、夢の放牧中は、食べ物を食べないようにしてます。
フェレのおやつもあげない!バイトとフードのみ!
大切な大切な命だもの。
家族だもの。全力で守らなきゃ。

No title

お話読んで、胸が痛くなりました・・・。

このおじいさんは、本当に「知らなかった」だけなんでしょうね。
でも、「知らなかった」で済まされる問題じゃないですよね。

あたしが好きな小説で出てくるフレーズで、こんなのがあります。

「よく、知らなかったとかそんな大変なことだと思わなかったって言うけど、無知こそが一番の罪じゃないかな」(←要約)

本当にペットのことを大切に思うなら、ちゃんと調べて正しい愛情を注いであげなくちゃですね。

そららさんへ♪

そららさん、こんにちは☆
コメントありがとうございます。^ ^

自身はTwitter経由でこの情報をいただき
文献の内容を初めて拝読させたいただいたのですが
もしもうちの子たちが・・・と考えただけで
背筋がゾーーーッと。(|||▽|||)

『適した食事』は人間も動物も共通な大事なこと
人間は自分で自分を予防することが出来るけれど
この子たちは私たち親次第であること

そのことを改めて実感させられた文献でした。

忍さんへ♪

忍さん、こんにちは。^ ^

いただいた資料を纏めながら
自身も正直、胸が痛かったです。

私や忍さんが
「当たり前の事(人間の食べ物をあげないこと)」
と思っていることがここ1~2年
増えてきているんですよ。(T▽T;)

一時期、うちが厳しすぎるのかな?と
真面目に悩んだことも。orz

キュウリじいさんの経験話を元に
人間の食べ物をあげる人が1人でも
減っていくといいなぁ・・・と思い
今回、あえてアップさせていただきました。m(_ _;)m

クルスさんへ♪

クルスさん、こんにちは。^ ^

この経験話は約14年前くらいのことで
ここは憶測の話になっちゃいますが

今よりフェレットに関する情報って
ものすごく少なかったと思いますし
誤った方向性で思い込みが進んだ結果
こういう悲劇が起きてしまったのかな?と。

ただ、今は飼育本やネットで
フェレットに関する多数の情報があっても
人間の食べ物をあげる人が絶えず・・・。

これだけ情報がある中で
キュウリじいさんと同じケースが起きて
「知らなかった」
になると、クルスさんのおっしゃる通り
無知こそ一番の罪になると。

私もそう思ってます。

No title

はじめまして。

読んでいて、とても辛くなりました。
おじいさんは虐待していたわけでもなく、
フェレが好きでキュウリを与えていたところが
余計に悲しいです。

うちの祖母も、飼っていた犬に
唐揚げと甘食(あまいパン)を頻繁に
与えていました。

そのせいかわかりませんが、
5歳で亡くなりました・・。

祖母は、戦時中に飼い猫に満足にご飯をあげられず
辛い思いをしたそうで、とにかく喜ぶからと
与えてはいけないものを与えまくりでした。
お年寄りは・・とひとくくりにしては大変失礼ですが、
きゅうりおじいさんと同じく
頑固でみんなが注意してもやめず・・・。

心配性なので、私自身はフェレに
フードとジャーキー、バイトなどフェレ専用食品しか
与えませんが、改めて食の大切さを認識しました。

リリさんへ♪

リリさん、初めまして。
コメントありがとうございます。^ ^

そうなんですよね・・・。
おじいさん、虐待ではなくフェレちゃんが大好きで
良かれと思ったことが悲劇を生んでしまい。

引用させていただいた文章で
「自分では何にも出来ない、だから育てる人が
 正しい知識を持っていないと枯れちゃうんだ」
という言葉がありますが、本当にその通りだな・・・と。

自身はブログを始めて約5年ちょっとになるのですが
ここ1~2年、人間の食べ物をあげるフェレオーナーさんが
だんだんと増えてきて、残念で仕方がありません。

うちの子たちの食べ物はリリさんのフェレちゃんと同じく
フードとバイト(あと、1歳以上のお子様はサプリを少々)
という感じです。w
ファイト、福島県!
ふぇれちゅきっ。は福島県を応援しています。
福島県南相馬市小高区
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
過去ブログ
旧ブログ
2011年02月 勇気虹の橋へ
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月 勇気IBD発病
2010年05月
2010年04月
2010年03月 ブログ再開
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月 ブログ完全休止
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月 拓海お迎え
2009年04月 海斗虹の橋へ
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月 真愛・大地お迎え
2008年10月 歩夢虹の橋へ
2008年09月
2008年08月 春虹の橋へ
2008年07月 春リンパ腫発病
2008年06月 ブログ移転
旧々ブログ
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月 歩夢リンパ腫発病
2007年01月 七海お迎え
2007年12月
2007年11月 海斗お迎え
2007年10月
2007年09月
2007年08月
2007年07月
2007年06月 ブログ開始
2007年05月 歩夢お迎え
2007年04月 勇気お迎え
2007年03月
2007年02月
2007年01月 春お迎え
カテゴリーメニュー
ブログ内検索
コメントありがとうございます♪
プロフィール

ととろ

Author:ととろ
1フェレのお迎え予定がフェレットの魅力にどっぷりハマり中毒化。現在はフェレット5姉弟+旦那とドタバタな日々を過ごす毎日。
Twitterボタン ← じみ~につぶやき中w

我が家のフェレズたち
★同居中の子たち★
ななみ
2007年11月10日生まれ
マーシャルフェレット(シナモン)
特技:靴下運び、ちゃぶ台返し

まなみ
2008年3月22日生まれ
マーシャルフェレット(パンダミット)
特技:おもちゃコレクター☆

だいち
2008年8月9日生まれ
マーシャルフェレット(セーブル)
特技:ごろ~んアピール、どこでも野良寝

たくみ
2009年1月24日生まれ
マーシャルフェレット(シナモン)
特技:顔をペロペロしてくれたりと癒し系キャラ

ひなた
2011年1月9日生まれ
マーシャルフェレット(スターリングセーブル)
特技:スイッチが入ると、弾丸のように走りまくる

みすず
2012年2月2日生まれ
マーシャルフェレット(スターリングセーブルミット)
特技:ただいま調査中

★虹の橋の子たち★
はる
2006年9月30日生まれ
2008年8月19日永眠(病名:縦隔膜リンパ腫)
マーシャルフェレット(スターリングシルバー)
特技:小柄な割にバトルが最強っ!

ゆうき
2006年11月25日生まれ
2011年2月5日永眠(病名:炎症性消化管疾患)
マーシャルフェレット(スターリングシルバー)
特技:本噛み寸前のカミカミアピール

あゆむ
2007年2月5日生まれ
2008年10月31日永眠(病名:脊髄系リンパ腫)
マーシャルフェレット(セーブル)
特技:とにかく無防備

かいと
2007年4月14日生まれ
2009年4月1日永眠(病名:急性肺炎)
マーシャルフェレット(スターリングセーブル)
特技:おっさん座りの拝みポーズ
動画置き場
以前、yayaさんがご好意で作ってくださった
動画を配信中。(2012年2月23日更新)
命の責任について
フェレットと一緒に生活している方も
これからフェレットをお迎えする方も
気付いて欲しい
いたち十か条
小さな家族の健康を考える会
大切な家族の食生活を1度、振り返り
じっくり考えてみませんか?
小さな家族の健康を考える会
お気に入りブログ
お気に入りショップ
ネット通販で使用させていただいている
ショップさんです。☆^∇゜) ニパッ!!
お世話になっています
ペット☆サーチ
ペット動物専門検索サイト

ふぇれっトーク
フェレット情報ポータルサイト
ただいま参加中
クリックで救える命がある。 天使を信じて広める会♪ Fere's Club Members 会員証
本ブログについて
ふぇれちゅきっ。はリンクフリーです。

初めましての方も気軽にコメントをいただけると
イタチダンスで大喜びします♪w

いつもコメントありがとうございます。全て楽しく拝見させていただいています!

商業目的等のコメントは管理人の判断で
削除させていただく場合があります。
管理人へメール
内容の確認、返信まで1週間前後かかりますが
どうぞご了承ください。m(_ _;)m

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ブログ解析ツール
ブログの見所をいろんな視点で解析してくれる
ちょっと面白ツールです。( ´艸`)
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。